男性

無線機をレンタルするコツ|費用を確実に抑える方法

安価でのWi-Fi利用

IT

スマートフォンのローミングを使っての海外での通信は、パケット代が大変になることでも有名です。そのため、通信費用を安く抑えたいのなら、Wi-Fi環境を海外に持って行けるモバイルルーター(レンタルサービス)の活用をおすすめします。

上手に飲食店を使おう

ワイファイ

中国でインターネットを利用する際には飲食店の無料wifiを活用するとよい。日本よりもずっと多くのお店が無料wifiを提供しているので、上手に活用すると中国での滞在はぐっと快適になる。ただし、中国では利用できないサイトやアプリがあるので注意が必要だ。

借りるさいの比較ポイント

無線機

ニーズに合ったものを選ぶ

無線機は、音声を電波で飛ばし無線で送信・受信または送受信することができる機械のことです。携帯電話が普及する以前、屋外で使える唯一の音声の送受信ができる機械であり、見えない場所や離れた場所での音声のやり取りをするために使われてき、現在でもそのような用途で使われています。無線機といっても色々な種類があり、購入するにしてもレンタルで借りるにしてもニーズに合ったものを選ぶ必要があります。一般的に使われているのは送受信が可能で免許が不要なトランシーバー型の無線機です。免許が不要ですから誰でも使用することができるため主に屋内や比較的、近距離の通話に使われています。距離の目安としては200メートルから300メートルですから、ほとんどのケースで利用が可能で本体も5000円程度から販売されており、レンタルで借りるにしても安価に利用することができます。特に無線機のメリットは複数の無線機で送受信が可能ですからイベントなどでレンタルで多くのスタッフに配布することで連絡や情報の共有がしやすくなるメリットがあります。一方で300メートル以上の範囲となると基地局登録が必要な無線機が必要です。この場合にはトランシーバー型であれば500メートルから1キロメートル程度の通話が可能です。基地局登録は免許と比べても容易で、またレンタルで借りるさいにもレンタル会社が手配してくれるので、手間なく用意することができます。免許が必要な無線機の場合には、使用者にも無線機および電波に関する知識が必要とされてくるので注意が必要です。

旅先で快適にスマホを使う

Wi-Fi

タイはwifi網が発達していて旅行中でもスマートフォンが使えますが、無料wifiは利用できる時間やエリアに限りがあります。ストレスなく使うには、1日当たりの定額料金で利用できるレンタルwifiサービスが便利です。